ダイレクトメールの書き方と作成のコツをお教えします

ダイレクトメール集客研究会

無料メルマガ登録

誰も教えてくれなかった!
売れているお店の基本戦略をわかりやすく紹介するメールマガジンを無料配信中です。
「小さなお店を繁盛店に変身させる方法」
(6,300部発行)
この下の入力枠にメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
バックナンバーはこちら
メールアドレス

『小さなお店のDM事例とそこに潜むワナ』

◇ 小さなお店でもダイレクトメールはやっぱり出さなくてはいけないんでしょうか?
◇ 売り込み以外のDM。暑中見舞いや年賀状、あまり意味を感じないのですがやはりやらなくてはいけないのでしょうか?
◇ 2年以上も来ていないお客さんにもダイレクトメールを出していますが、なんか無駄が多い気がします。それでも、やっぱり出さないといけないんでしょうか?

あなたは、ダイレクトメールに関してこんな疑問をもった事がありませんか?
小さなお店でも気軽にできる広告の手段の1つであるダイレクトメール。でも、その効果は今ひとつ実感できない・・・・・。

こんな悩みを解決するレポートを特別公開中です。
閲覧申し込みはこちら

検索

Google

お勧めのダイレクトメールサービス提供業者

※ 1ヶ月で6,000弱のアクセスがあるこのホームページにてお勧めできるダイレクトメール関連の業者をご紹介します。自薦、他薦は問いませんのでご希望の方はこちらのお問い合わせフォームからお願いします。(掲載には審査がありますのでご了承ください)

新着情報

スピード印刷と、スピード発送に対応してくれるサードパーティーさんをお勧めのダイレクトメールサービス提供業者に追加しました。社長の濱田さんにお聞きしたところ高速印刷機の導入をされているので、「なんとか明日中に1000通のダイレクトメールを発送したい」などという時には相談してくださいとおっしゃってました。 DM印刷発送手配のサードパーティーさんのホームページはこちら

メニュー


ダイレクトメール集客研究会に関するご意見・ご質問・ご相談ならびに、ダイレクトメールに関する情報はこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

ご注意

一度の閲覧で、全ての情報をご覧になるのは大変です。確実にこのーページへ帰ってこられるように、まずはこのサイトを「お気に入り」にご登録ください。
ダイレクトメール集客研究会のTOPページがお気に入りに追加されます。


ダイレクトメールの「基本」を知れば反応率は簡単に10倍にできる!

ありえない?反応率なんと65%!?異常な反応率を獲得したダイレクトメールとそのひみつをお教えします。

反応率を10倍にするダイレクトメールの書き方をお話します
 あなたは驚くかもしれませんが、 実は・・・

ダイレクトメールはその基本を押さえるだけで簡単に反応率を10倍にすることができるのです。


しかし、悲しいことに90%以上の経営者はそれを知りません。
そして、ムダなダイレクトメールを垂れ流し、その費用をドブにすてています。


大事な事なので、もう一度いいます。

ダイレクトメールは基本を押さえるだけで簡単に反応率を10倍にする事ができます。

こんにちは、ダイレクトメール集客研究会を主催する菅俊介(すが しゅんすけ)と申します。

「ダイレクトメールに何を書けばいいんだろう?」
「ダイレクトメールはだれに送ったらいいの?」
「お客さんの目をひくキャッチコピーってどんなもの?」
「ダイレクトメールはどんな表現をすればいいの?」

そうやって、さんざん悩んで出したダイレクトメールなのに、反応はさっぱり・・・。

「やっぱり、私にはダイレクトメール作る才能がないんだ・・・」

あなたもダイレクトメールに対してそんな苦手意識がありませんか?


じつは、私自身もそうでした。
あなたと同じようにダイレクトメールでそんな失敗を繰り返していたのです。


それは、コンサルタントとして独立する前に勤務していた会社でのお話です。

「1人でも多くのお客さんに来店してもらいたい!」

と、ダイレクトメールを だしても、だしても、だしても、だしても、 お客さんはほんのちょっとしか来ない・・・。

8万円以上もダイレクトメールに投資したのに、来店してくれたお客さんはたったの3組・・・。

「何事も経験だから・・・。」

と気遣ってくれる社長の言葉が逆に心に突き刺さります。

「今度こそ!」

と思って、チャレンジしても反応は今ひとつ・・・。
そんな失敗を何度も経験しました。

「そもそも、こんな事をしていて意味があるのだろうか?」
「これしか反応が無いなら、ダイレクトメールなんて、大して効果が無いのではないか?」
「もっと他に簡単に集客できる方法があるんじゃないか?」

と、ダイレクトメールの活用をやめることを真剣に考えたことも一度や二度ではありません。

ところが、ある日お客様の利用履歴とダイレクトメールの反応を照らし合わせているときに、おどろくべき事実に気付いたのです。

「え〜〜、この人たちに、せっせと送った何百枚ってダイレクトメールは100%無駄になってたの!?」

そうです、

「ある条件にあてはまるお客さんはダイレクトメールに一切反応をしていない」

という悲しい現実をまのあたりにしたのです。つまり、それらのお客さんに送ったダイレクトメールは全くの無駄。時間とお金をドブにすてたも同じだったのです。




そして月日は流れコンサルタントとして活動を始めたある日のこと、お手伝いをしている、とある学生服店を訪れるとスタッフの女性がこうきりだしたのです。





「あ、菅さん。あの後も結構お客さんがDM見たって来てくれたんですよ。結局、最終的に反応率は65%まで行ったんですよ!」




たった一枚のDMで65%ものお客さんが来店してくれた・・・。


そんなダイレクトメールの存在をあなたは信じられますか?きっと簡単には信じられない事でしょう。


■ そこで、このページを訪れていただいたあなたには、その65%もの反応率を獲得する事に成功したDM事例を特別に無料でお見せします。



どうぞ、この驚異の反応率をあげたDM事例をあなたのダイレクトメール作成にお役立てください。

注意 65%の反応率をあげたDM事例をご覧いただくには閲覧者登録後にお知らせするアドレスにアクセスしていただく必要があります。※申し込み後自動返信にてすぐにメールが届きます。

なお、ただ単純に興味本位で「ダイレクトメールの事例をちょっと見てみたい!」という方にお見せしたくはありませんので、以下の内容をご確認の上お申し込みください。
※ ダイレクトメールをはじめとする集客方法に関して真剣にお悩みでない場合には申し込まないでください。
※ ダイレクトメールの事例を眺めただけでは、あなたが悩んでいる集客に、なにも役に立つことはありません。この事例から得られた知識を活用する意思がない場合には申し込まないでください。
※ お申し込みいただいた方には、当サイト主催者菅が発行するメールマガジンに自動登録されますのでご了承ください。

以上の条件に同意し、ダイレクトメールでの集客に真剣に取り組む意思がある場合にのみこちらのフォームよりお申し込みください。

今すぐ申し込む↓
メールアドレス
コメントを寄せていただけるとうれしいです。よかったらお願いします。(こちらからのコメントには返信できませんのでご了承ください)

ダイレクトメール集客研究会のプライバシーポリシー

集客 方法