ダイレクトメールの書き方とデザインのコツ キャッチコピーは型で考える

ダイレクトメール集客研究会

ダイレクトメールの書き方と作成のコツ

キャッチコピーは「型」で考える!

 チラシを作る時に特に悩むのがこの「キャッチコピー」。しかし、基本的な「型」を知っていればそれほど悩まずに、作成していく事が出来るようになります。ここでは初心者の方はこれだけ知っていればOKというような基本的な4つの「型」をご紹介します。

1.セリフ型

誰かがしゃべった言葉、そのままを書くのが、セリフ型キャッチコピーです。
たとえば・・・・、

▼「ちょっと待ってください!!」
▼「まだ大丈夫だと思っていたのは自分だけか?」
▼「じゃあ、どうせならと二人で始めたのがきっかけでした!」

などなど。

2.数字型

○○パーセント、○○日、○○人、○○kg、○○メートルなど実際に計測した数値を入れ
込んだキャッチコピーです。

▼「ダイエット中なのに91%の人が「おいしい!」と言って食べた!」
▼「なぜ83%の人がフサフサを取り戻せたのか?」
▼「あなたもきっと21日後に気づきます!」
▼「平均28.3kg!こんなに重い荷物をあなたは運ぶのですか?」

などなど。

3.否定型

その人のしている行動を、否定する形のキャッチコピーです。

「いけない」 「後悔」 「失敗」 「大丈夫?」 「知らない」 「損をする」
などの言葉をキャッチコピーに入れていきます。

▼「まだ家は建ててはいけない!」
▼「栄養ドリンクは飲んではいけない!」
▼「病院に行くと後悔します!」
▼「あなたは大丈夫ですか?」

などなど。

4.方法型

○○の方法、○○の極意、○○の魔法、といった形のキャッチコピーです。
具体的に「何が出来るのか?」という事を明確にすることで興味を引きます。

▼「英検4級でも、海外で絶句しないで済む方法!」
▼「入店3分でフィーバー寸前の台を見つける方法!」
▼「パソコンを現金製造機に変える魔法!」
▼「売れるタイミングを見極める3つの極意!」

などなど。

5.組み合わせ型

 実際には、1〜4の型を組み合わせて活用し、違和感が無く、興味を引くキャッチコピーを作成していく場合がほとんどですし、今回ご紹介した、キャッチコピー例文の中にも組みあわせ型の物が多くあります。

どの型と、どの型を組み合わせていくのか?と考えたときに様々なパターンが、あると思いますが、その中でも

「2.数字型」と「4.方法型」

は相性が良いので特にオススメです。

たとえば、先程「4.方法型」の例として取り上げた、キャッチコピーも実は「2.数字型」と
「4.方法型」の組み合わせになっていることに気がつきましたか?

▼「入店3分で(2.数字型)フィーバー寸前の台を見つける方法!(4.方法型)」

他にも今回あげた例文の中に「組み合わせ型」の物が隠れていますが、あなたは気がつきま
したか?

どこに書く?

「キャッチコピーはどこに書くのか?」という事は、あえて説明をするほどの事でも無いような事かもしれませんね、あなたもご存知のように、書く場所は、とにかく冒頭です。そのダイレクトメールの用紙が縦ならば1番上、横ならば1番右に書くのが基本になります。

大きさは?

大きさは、可能な限り大きくというのがとにかく重要!!とにかく、ひたすら大きくという事を意識してください。「大きすぎるか?」と感じるぐらいでOKです。
キャッチコピーは一番目立たなくてはいけませんので、

「文字の大きさはそのダイレクトメールの中で最大」

となるようにしてください。

ただし!読んでもらえなければ意味がありませんので、必ず「スムーズに読めるか?」という
事だけはご注意を!!


ダイレクトメールの反応率を上げる書き方の基本はこちらです


売れるダイレクトメールの書き方を見に行く

ダイレクトメール集客研究会に関するご意見・ご質問・ご相談ならびに、ダイレクトメールに関する情報はこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

ご注意

一度の閲覧で、全ての情報をご覧になるのは大変です。確実にこのーページへ帰ってこられるように、まずはこのサイトを「お気に入り」にご登録ください。
ダイレクトメール集客研究会のTOPページがお気に入りに追加されます。


検索

Google

無料メルマガ登録

誰も教えてくれなかった!
売れているお店の基本戦略をわかりやすく紹介するメールマガジンを無料配信中です。
「小さなお店を繁盛店に変身させる方法」
(5,500部発行)
この下の入力枠にメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
バックナンバーはこちら
メールアドレス

新着情報

ダイレクトメールの反応を10倍にするためのダイレクトメールの基本と、テクニックをタップリ紹介した「ダイレクトメール作成セミナーDVD」の販売が開始になりました。