DMの書き方と作成のコツ 無意識に目を止めてしまうキャッチフレーズとは?

ダイレクトメール集客研究会

ダイレクトメールの書き方と作成のコツ

無意識に目を止めてしまうキャッチフレーズとは?

キャッチコピーを考えすぎていませんか?

さて、このページでは
「 無意識に目を止めてしまうキャッチフレーズとは?」
というのお話をします。

えーーーーー。
ハッキリ言ってこの話、「地味」です。
怒らないで聞いてくださいね。


 無意識に目を止めてしまうキャッチフレーズとは・・・





「一番上に、大きな、読みやすい字で書いてあるキャッチフレーズ!」





ああ!!怒らないで!
これ、勘違いしている方が多いのですが、ハッキリ言います。

「キャッチフレーズの重要性は と っ て も 低いです!!」

本当に、キャッチフレーズ「大好き!」な方が多いのですが、キャッチフレーズなんて一生懸命考えてもハッキリ言ってムダ!


そんなこと考えるのに時間を使うのなら、ダイレクトメールの反応率を決める、3つの要素、

 「いつ?」
 「だれに?」
 「なにを?」

という事を必死に考えた方が、よっぽど反応上がります。

ここで、参考DM事例として、とあるキッズ専用の床屋さんでマスコミを呼ぶために使ったDMをご覧下さい。

マスコミへのプレスリリースDM事例



このDMにキャッチフレーズはありましたか?
なかったですよね?


プレスリリースもDMも一緒です。極端な話キャッチフレーズなんて、無くても良い!!



その程度のものです。


ただ、し

「一番上に書いてなかったり」
「小さかったり」
「読みにくい文字だったり」


すると、「無意識」には目が止まらなくなりますので、ご注意を!

意外とと、このケースにあてはまるキャッチフレーズが多いです。


無意識に目を止めてしまうキャッチフレーズとは?

「一番上に、大きな、読みやすい字で書いてあるキャッチフレーズ!」


と、いうことを書くと、

「そうじゃなくって!!」


って声が聞こえそうですが、断言してもいいです!!

キャッチフレーズを一所懸命考えてる人は、まず、根本的に、勘違いしてます。


キャッチフレーズでは集客できません!!!!


今すぐ、キャッチフレーズを考えるのをやめて、「もっと大切な事ってなんだろ?」って一所懸命考えてくださいね。


ちなみに、ダイレクトメール作成セミナーDVDでは全部話します。


そんな事は無い!
キャッチフレーズはとっても大事だ!!!!!

と、いうキャッチフレーズマニアの方は、他のサイトへどうぞこれ以上読んでも時間の無駄ですので。




あ、一つだけあまりにも勘違いが多いので、このDM集客研究会のホームページをご覧になっている方にはやめてもらいたいのが、

「キャッチフレーズに商品名・店舗名」をそのまま書く

というパターンです。本当に多いですが、キャッチフレーズとしては最悪です。


「この商品・お店に興味の無い人は読まなくていいですよ〜!!」


とDMを使って言ってるようなものです。
やめましょう。


あと、「説明過剰」のキャッチフレーズも多いパターンです。
みんなサービスし過ぎ(笑)
全部言っちゃダメです。

キャッチフレーズで納得させたら、その先は読んでくれませんからね!!

(注、今の文章はメールマガジンで配信したものを編集し掲載しております)



キャッチコピーよりも大切なDMの反応率を上げる書き方の基本はこちらです


売れるDMの書き方を見に行く

ダイレクトメール集客研究会に関するご意見・ご質問・ご相談ならびに、ダイレクトメールに関する情報はこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

ご注意

一度の閲覧で、全ての情報をご覧になるのは大変です。確実にこのーページへ帰ってこられるように、まずはこのサイトを「お気に入り」にご登録ください。
ダイレクトメール集客研究会のTOPページがお気に入りに追加されます。


検索

Google

無料メルマガ登録

誰も教えてくれなかった!
売れているお店の基本戦略をわかりやすく紹介するメールマガジンを無料配信中です。
「小さなお店を繁盛店に変身させる方法」
(5,500部発行)
この下の入力枠にメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
バックナンバーはこちら
メールアドレス

新着情報

ダイレクトメールの反応を10倍にするためのダイレクトメールの基本と、テクニックをタップリ紹介した「ダイレクトメール作成セミナーDVD」の販売が開始になりました。