ダイレクトメールの書き方と作成のコツ ダイレクトメールの中の重要なキーワードを目立たせるテクニック

ダイレクトメール集客研究会

ダイレクトメールの書き方と作成のコツ

 ダイレクトメールの中の重要なキーワードを目立たせるテクニック

 ダイレクトメールの中には、確実に読んでもらいたいキーワードというものが必ず存在します。
しかし、ダイレクトメールを読んでいる人にとっては何がキーワードなのかはわかりません。
そこで、キーワードを目立たせるテクニックが必要になってきます。
 なお、このページではパソコンでダイレクトメールを作成することを前提に書き方を紹介していますが、手書きで書く場合にもこのような書き方を意識して書くことで、ダイレクトメールを受け取った方にとって、見やすく、直感的にわかりやすいダイレクトメールに仕上げる事ができます。

太字にする

敢えて説明する必要も無いくらい、そんまんまですね。
キーワードを太字で表記します。
参考文例
ダイレクトメールの文中には、必ず読んでもらいたいキーワードというものが必ず存在します。
ただし、読んでいる人にとっては何がキーワードなのかはわかりません。そこで、ダイレクトメールを読んだ人が無意識にそのキーワードを読むようにキーワードを目立たせるテクニックが必要になってきます。

参考に「Microsoft word 2000」の画面を掲載していますが、通常どのソフトでも「B」のボタンで指定します。

太字指定操作イメージ



フォントを変更する

フォントとは字体のことです。明朝体やゴシック体などそれぞれに字体の名前がついています。そのフォントの種類を分の途中で変更する事で、キーワードを強調します。
例文では、「HGP創英角ポップ体 」というフォントへ変更しています。(あなたのパソコンに「HGP創英角ポップ体 」というフォントがインストールされていないと上手く表示されません)
参考文例
ダイレクトメールの文中には、必ず読んでもらいたいキーワードというものが必ず存在します。
ただし、読んでいる人にとっては何がキーワードなのかはわかりません。そこで、ダイレクトメールを読んだ人が無意識にそのキーワードを読むようにキーワードを目立たせるテクニックが必要になってきます。



フォントサイズを上げる(文字を大きくする)

 フォントサイズを上げると言う事は、つまり簡単に言えば「文字を大きくする」という事です。
ただしダイレクトメールの文中で文字を大きくする場合には、そのダイレクトメールで一番目立たないといけないキャッチコピーなどとのバランスを崩す恐れがあるので、最大2ポイント程度にしておくといいでしょう。(下の例文で2ポイント拡大です。)
参考文例
ダイレクトメールの文中には、必ず読んでもらいたいキーワードというものが必ず存在します。
ただし、読んでいる人にとっては何がキーワードなのかはわかりません。そこで、ダイレクトメールを読んだ人が無意識にそのキーワードを読むようにキーワードを目立たせるテクニックが必要になってきます。



行間を空ける

 ダイレクトメールの本文中でキーワードだけの行をつくり、その前後に行間を空ける事で、ダイレクトメールの文中で必ず読んでもらいたいキーワードを強調します。
参考文例
ダイレクトメールの文中には、


必ず読んでもらいたいキーワードというものが必ず存在します。


ただし、読んでいる人にとっては何がキーワードなのかはわかりません。
そこで、ダイレクトメールを読んだ人が無意識にそのキーワードを読むように


キーワードを目立たせるテクニック


が必要になってきます。

アンダーラインをつける

ダイレクトメールの本文中で確実に読んでもらいたいキーワードにアンダーラインをつける事で、ダイレクトメールの文中で必ず読んでもらいたいキーワードを強調します。
参考文例
ダイレクトメールの文中には、必ず読んでもらいたいキーワードというものが必ず存在します。
ただし、読んでいる人にとっては何がキーワードなのかはわかりません。そこで、ダイレクトメールを読んだ人が無意識にそのキーワードを読むようにキーワードを目立たせるテクニックが必要になってきます。

カッコでくくる

 ダイレクトメールの本文中で確実に読んでもらいたいキーワードをカッコで括る事で、ダイレクトメールの文中で必ず読んでもらいたいキーワードを強調します。
 また、カッコにも色々な種類がありますので、そのダイレクトメールの中でどれくらい強調したいのか?ということを念頭に使い分けるといいでしょう。

ダイレクトメールでオススメのカッコの種類と、その強調度

【 】 『 』 《 》 < > 「 」 〔 〕 { } ( )
強調度 【大】←────────────────→ 強調度 【小】

参考文例
ダイレクトメールの文中には、 【必ず読んでもらいたいキーワード】 というものが必ず存在します。
ただし、読んでいる人にとっては何がキーワードなのかはわかりません。そこで、ダイレクトメールを読んだ人が無意識にそのキーワードを読むように 【キーワードを目立たせるテクニック】 が必要になってきます。

文頭記号をつける

 ダイレクトメールの本文中で確実に読んでもらいたいキーワードの先頭に記号をつける事で、ダイレクトメールの文中で必ず読んでもらいたいキーワードを強調するテクニックです。

ダイレクトメールで使うのにお勧めの文頭記号はこちらです。
■ □ ◆ ◇ (「しかく」で入力後、変換)
▼ △ ▼ ▽ (「さんかく」で入力後、変換)
● ○ ◎ 〇 (「まる」で入力後、変換)
★ ☆ ※ * (「ほし」で入力後、変換)
⇒ (「やじるし」で入力後、変換)
参考文例
ダイレクトメールの文中には、■必ず読んでもらいたいキーワード というものが必ず存在します。
ただし、読んでいる人にとっては何がキーワードなのかはわかりません。そこで、ダイレクトメールを読んだ人が無意識にそのキーワードを読むように■キーワードを目立たせるテクニック が必要になってきます。
また、このテクニックが最も生きるのが、箇条書きの場合です
参考文例
店舗のデータを広告に書くときには、■郵便番号 ■住所 ■電話番号 ■営業時間 ■定休日 を必ず解りやすく書いておく事が非常に重要に成ります。

アイキャッチをつける

 ダイレクトメールの本文中で確実に読んでもらいたいキーワードにマークやイラストなどのアイキャッチをつける事で、ダイレクトメールの文中で必ず読んでもらいたいキーワードを強調するテクニックです。

参考文例
ダイレクトメールの文中には、アイキャッチ必ず読んでもらいたいキーワード というものが必ず存在します。
ただし、読んでいる人にとっては何がキーワードなのかはわかりません。そこで、ダイレクトメールを読んだ人が無意識にそのキーワードを読むように
アイキャッチキーワードを目立たせるテクニック が必要になってきます。
吹き出しやバクダンマークの中に「注目!」「重要!」「ポイント!」「チェック!」などの文字を入れるのもオススメです。

←バクダンマーク
←吹き出し



ダイレクトメールの反応率を上げる書き方の基本はこちらです


売れるダイレクトメールの書き方を見に行く

ダイレクトメール集客研究会に関するご意見・ご質問・ご相談ならびに、ダイレクトメールに関する情報はこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

ご注意

一度の閲覧で、全ての情報をご覧になるのは大変です。確実にこのーページへ帰ってこられるように、まずはこのサイトを「お気に入り」にご登録ください。
ダイレクトメール集客研究会のTOPページがお気に入りに追加されます。


検索

Google

無料メルマガ登録

誰も教えてくれなかった!
売れているお店の基本戦略をわかりやすく紹介するメールマガジンを無料配信中です。
「小さなお店を繁盛店に変身させる方法」
(5,500部発行)
この下の入力枠にメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
バックナンバーはこちら
メールアドレス

新着情報

ダイレクトメールの反応を10倍にするためのダイレクトメールの基本と、テクニックをタップリ紹介した「ダイレクトメール作成セミナーDVD」の販売が開始になりました。