ダイレクトメールの費用対効果 ダイレクトメールの反応率を計算する

ダイレクトメール集客研究会

ダイレクトメールの書き方と作成のコツ

 ダイレクトメールの反応率の計算方法とは?

 ダイレクトメールの効果を確認するためには、その反応を数値で把握する必要があります。意外とスタッフの感覚と、実際のお客様の反応数とに開きがあるというのは良くある事実ですから、ダイレクトメールを出した後には必ずその費用対効果を計測する習慣をつけてくださいね。まずは、ダイレクトメールの費用対効果を計測するのに一番の基本となるダイレクトメールの「反応率」の計算から確認していきましょう。

ダイレクトメールの反応率の計算方法

ダイレクトメールの反応率を計算すること自体は非常に簡単です。実際にあなたが出したダイレクトメールの総数でダイレクトメールをみて行動してくれたお客様の数を割るだけです。言葉にすると少しわかりにくいので、数式を見てみます。

ダイレクトメールの反応率(%)=ダイレクトメールをみて反応してくれた件数÷ダイレクトメールを出した総数×100

それでは、あなたが100通のダイレクトメールを出して、そのダイレクトメールをもって5人のお客さんが来店してくれた、場合を考えて見ましょう。

ダイレクトメールをみて反応してくれた件数=5
ダイレクトメールを出した総数=100


ですから、先ほどのダイレクトメールの反応率を計算する式に当てはめて見ると、

5÷100×100=5

つまり、ダイレクトメールを100通出して5人のお客さんがそのダイレクトメールを見て来店してくれたとすると、そのダイレクトメールの反応率は5%ということですね。

ただ、この5%という反応率の数字、これってどうなのでしょうか?

5%だから成功?
5%だから失敗?

それを判断するための数字が

反応獲得単価CPR(cost par response)と
注文獲得単価CPO(cost par order)

という数字です。

単純にダイレクトメールの反応率を見るだけでは、成功とも失敗とも判断できないのでご注意を。

ただし、小さなお店や起業では、ダイレクトメールは出しっぱなしで反応数を計算していない場合も多いですがあなたのお店は大丈夫ですか?

ダイレクトメールの書き方、作成で悩みたくなければまず「反応率」をとるという習慣が必要ですよ。


ダイレクトメールの反応率を上げる書き方の基本はこちらです


売れるダイレクトメールの書き方を見に行く

ダイレクトメール集客研究会に関するご意見・ご質問・ご相談ならびに、ダイレクトメールに関する情報はこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

ご注意

一度の閲覧で、全ての情報をご覧になるのは大変です。確実にこのーページへ帰ってこられるように、まずはこのサイトを「お気に入り」にご登録ください。
ダイレクトメール集客研究会のTOPページがお気に入りに追加されます。


検索

Google

無料メルマガ登録

誰も教えてくれなかった!
売れているお店の基本戦略をわかりやすく紹介するメールマガジンを無料配信中です。
「小さなお店を繁盛店に変身させる方法」
(5,500部発行)
この下の入力枠にメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
バックナンバーはこちら
メールアドレス

新着情報

ダイレクトメールの反応を10倍にするためのダイレクトメールの基本と、テクニックをタップリ紹介した「ダイレクトメール作成セミナーDVD」の販売が開始になりました。