ダイレクトメールの書き方と作成のコツをお教えします

ウインドプラスダイレクトメール集客研究会

ダイレクトメール集客研究会代表者プロフィール

代表の菅です、反応率を上げるダイレクトメールの書き方をお教えします菅 俊介(すが しゅんすけ)1972年10月29日静岡県生まれ。
業績改善事務所「ウインドプラス」代表

静岡県立浜松工業高校デザイン科-大阪芸術大学芸術学部写真学科卒業。
大阪芸術大学在学中の1993年光村印刷より写真集「光合成(ひかりごうせい)〜光と水と風のエピローグ〜」を発行。

1994年フォトスタジオ「アルペ」入社、スタジオアシスタントをこなすかたわらブライダルフォトアルバムの作成に従事、その独自の視点と結婚式参加者の飾らない表情を捉え表現する手法で高い顧客満足を得る。

1997年有限会社モーターパーク・クイック入社、レンタルカートというマイナー業種にて数々のノウハウを確立、2004年度には店舗数4、年商1億1千万円を達成。

また、2004年10月より同社事業の一環である「クイック浜名キッズスクール」担当に就任、日本で唯一の毎週継続練習するキッズ向けカートスクールのカリキュラムを開発。「親子で学ぶことで子供とのコミュニケーションが深まった」と好評を博し、日刊スポーツ等のマスメディアでも取り上げられることとなる。

2005年2月、述べ、250時間以上のキッズスクールレッスンで培った「教える」ノウハウを生かし、中小企業や、個人事業の業績改善の手法をレクチャーする業績改善事務所「ウインドプラス」を開設。その実践主義のノウハウと、事業主本人を成長させていくコンサルティング手法は高い評価を受ける。

2005年10月業績改善事務所「ウインドプラス」にて実践してきたノウハウをもとに、浜松にてダイレクトメール作成セミナーを開催。地方都市での開催にもかかわらず東京、甲府、神戸など遠方からの参加者もあり、好評を博す。

2005年11月数あるマーケティング手法の中で、ダイレクトメールに特化した情報の提供を目的として「ダイレクトメール集客研究会」を発足。

ダイレクトメールの反応率を上げる書き方の基本はこちらです


売れるダイレクトメールの書き方を見に行く

ダイレクトメール集客研究会に関するご意見・ご質問・ご相談ならびに、ダイレクトメールに関する情報はこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

検索

Google

無料メルマガ登録

誰も教えてくれなかった!
売れているお店の基本戦略をわかりやすく紹介するメールマガジンを無料配信中です。
「小さなお店を繁盛店に変身させる方法」
(5,500部発行)
この下の入力枠にメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。バックナンバーはこちら

メールアドレス

新着情報

ダイレクトメールの反応を10倍にするためのダイレクトメールの基本と、テクニックをタップリ紹介した「ダイレクトメール作成セミナーDVD」の販売が開始になりました。